自力で水漏れ修理を行う方法

水漏れ修理を業者に依頼するとお金がかかりますので、自力で直したいと色々試すことがありますが、むやみに修理をするよりもきちんと原因を把握してからの方がスムーズです。

修理をする上で必要となる工具や材料もありますので、事前に揃えておくと安心ですが、万が一揃っていなくてもホームセンターで買いそろえられます。まずは原因を探り、自力で直せる範囲なのかを確認することが大切です。もっとも多い水漏れ修理の原因の一つにパッキンの劣化が挙げられます。毎日水をつかっているといつの間にか摩耗し、少しずつ水が漏れ出るようになりますが、注意して見ておかないと多めの水が溢れ出てくるまで気づけません。

パッキンは水道ごとに異なるため、ピッタリと合うパッキンを用意しなければならず、頻繁に使う水道では頻繁な交換が必要です。パッキン自体は素人でも簡単に交換できますので、必要なスキルはありませんし、時間もそれほどかからない修理と言えます。取り付け部分から漏れ出ている場合、シールテープが必要です。

水漏れ修理としては少し大がかりになり、水栓本体を壁から取り外しますが、配管が錆びている可能性もありますので慎重に取り外さなければなりません。外したら配管内にゴミが入っていないことを確認し、蛇口の接続部分に時計回りにシールテープを貼りつけていきます。最後に水栓を壁に取り付けたら完了ですが、取り付けた後に角度のずれに気が付いたら直す必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *