自分で出来る水のトラブル対処法

本格的な水のトラブルの場合は、業者に来てもらうしかありませんが中には簡易的な修理でどうにか出来る種類もあります。

その場合には、モンキーレンチやトルクレンチ、精密ドライバーとピンセット等の準備が要りますが、これがあるだけでも出来る範囲はかなり広がる物です。例えば、水のトラブルで蛇口をしっかり締めたのに吐水口から水がポタポタ止まらない様な時には、内部カートリッジの劣化が原因であり交換すれば直る事もあります。この場合は修理道具を用いて蛇口の周辺部品を外しつつ、カートリッジを新品に変えるだけなので差して手間は掛かりません。

ただし、カートリッジの取り付け方法を誤ると水とお湯が逆になるという、新手の水のトラブルが発生しますので、作業前には説明書をしっかり熟読しておく事をお勧めします。ちなみに水漏れの原因がシングルレバー混合水栓タイプの場合は、シングルレバーの下や接続部からの水漏れという事もあり、この場合はパルプの故障が原因である事も考えられます。

修理方法自体はカートリッジの時と同じく修理道具を使って蛇口を外しつつ、劣化したパルプを交換すれば良いので簡単ですが、ハンドルレバーを元に戻した後にレバーがしっかり動くかどうかを確認して下さい。もしも動作に問題があった場合には、手順を逆回ししてやり直す事になります。後は、吐水口に繋がる細い管のスパウトから水が漏れ出ている様な場合には、少し難度が上がる事も押えておきたいポイントです。スパウト自体の劣化とナットの緩み、パルプの故障とパッキンの劣化の順で慎重に1つずつ確認して下さい。その上で、傷んだ物を見つけたら1つずつ新品へと交換します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *