宮城県での転職は広い視野で判断することが重要

宮城県は、東北地方でも知名度が高い仙台を有しており、他県からの転職希望者も多く見られます。

東日本大震災で被害が大きかった地域ではありますが、震災のダメージから立ち直ってきて、以前と変わらずに今後の東北地方を先導する役割を果たしているのです。この宮城県は昔から観光業で世界的に有名ですが、近年ではシステム開発などのIT関係に重点的に力を入れており、これまでにない人材を求めています。

そのため、即戦力のIT関係のプロとしての転職であれば、比較的転職しやすい状況です。東北地方の中では転職支援のサービスを見つけやすい上に、インターネットを利用して自分で求人を探すことも容易で、条件を問わずに働きたいだけなら大きな問題はありません。

しかし、宮城県の求人では、飲食店の厨房スタッフなどの非正規の仕事が増えており、未経験で正社員として採用されるのはノルマ制の営業職ぐらいになりつつあります。離職率が高い職種に転職しても、数年後にはまた同じことになりかねないので、中高年になっても無理なく働けるスキルとキャリアを築いていける仕事か、あるいは、将来的に起業して自分で稼げるようになる仕事を選ばなければいけません。

働く人間にとっての宮城県の実情を把握するためにも、まず人材紹介をしている会社に登録して、多くの事例を見てきた担当者に率直に相談してみましょう。結論を急がずに、まず自分を取り巻く現状を正確に把握することが、できるビジネスマンに求められる資質です。

JACリクルートについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です